美しさを手にするために利用できる様々な美容外科治療

美肌を維持するためには毎日のケアが大切

糸を使う方法

希望するリフトアップになるように医師にはっきりと伝えます

フェザーリフトは顔のリフトアップで、顔の両側に糸を入れていく手術をしますが、糸を入れる位置が重要になります。まぶたや法令線のたるみを消したかったのに、カウンセリングでうまく伝えきれなかったせいで、顎と口元のたるみに効く位置に糸を入れられたなど、医師とのコミュニケーションがうまくいかない場合があります。フェザーリフトは糸の本数や、挿入する位置、引き具合など、医師の技術に頼る部分が大きいので、フェザーリフトの名医とよばれる人を探し、その医師に施術を行ってもらいます。その時に、まぶた、頬、法令線、口角など、具体的にどこをリフトアップしたいのかをはっきりと伝えます。 まれにカウンセリングで、リフトアップではなくレーザーなどの治療を勧められる場合があります。フェザーリフトの持続効果は長くはないので、無理をして手術をするかどうかは慎重に考慮します。

糸がたるんでくるなどの点で改良がすすめられています

フェザーリフトは様々な改良がくわえられています。糸も細くて丈夫なものが開発されています。また医師の技術的な問題で、顔のどこに糸を通せば効果的かということも改良が進んでいます。 フェザーリフトは皮膚を引っ張り上げることと、糸を通すことで皮下組織を刺激し、コラーゲンの生産を促し肌を活性化させる効果があります。現在、フェザーリフトは、患者側の期待するほどリフトアップ効果が出ていないのではないかということと、リフトアップの持続期間が短いのではないかという点で改良がくわえられています。時間の経過とともに、糸がたるまないように頭部で糸を止めたり、端を骨に埋め込むなどの改良がおこなわれています。また持続期間については、溶けない糸を使う方法が再び注目されています。溶けない糸は、伸縮性に優れたものが開発され、筋肉の収縮に合わせて伸び縮みします。 フェザーリフトは手術を希望する人が多いため、今後も様々な面で改良がおこなわれていくと見込まれます。