美しさを手にするために利用できる様々な美容外科治療

美肌を維持するためには毎日のケアが大切

魅力的な顔に

二重まぶた整形手術が手軽になってきた歴史

二重の方が、目がパッチリしていて可愛らしいということで、一重の人は化粧品やメイクで二重にしている人がいます。あまり化粧品で二重にしすぎているとまぶたの皮膚が伸びてしまうので余計悪循環を引き起こしてしまします。 美容整形外科では、これまで長い間二重整形手術をしてきました。当初は、まぶたにメスを入れて二重にする整形手術が採られていて、局部麻酔を使った手術が行われていました。 10年以上前に、メスを使わない画期的な整形手術が登場しました。局部麻酔は使いますが、まぶたを糸でひっぱって二重にする方法です。切らずに手軽に二重にできて、かつ、手術後のダウンタイムが1週間程度で済むことから、気軽に受けられるようになりました。

二重整形の二極化

二重整形というのは、美容整形の中でも豊胸と並んで需要があり、また歴史のある分野です。 最近では二重整形の施術方法について二極化が進んでいます。二極化が進んでいる背景には、手軽さと本格的な手術を希望する人の二極化が顕著に現れているためです。例えば、埋没法については二重整形の代表例であり、メスを使わずに施術を行うことが出来る方法として最も利用者が多いです。埋没法の確率によってメスを使わずに整形ができるようになりました。 他方、最近では目頭切開や目尻切開という二重整形を利用してぱっちり二重になる方法が好まれるようになっています。この方法はメスを使ってもとに戻らないように綺麗に整形することができるようになります。